脱毛をする場合の日焼けの是非

サロンやクリニックで脱毛を施術してもらう場合、日焼けの程度によって施術ができないケースもあります。
では、どの程度の日焼けなら問題ないのかというと、一概にはいえません。
というのも、条件がいろいろ異なるからです。

■季節によって判断材料が変わる

1年のうちでも太陽の紫外線量は変化します。
また、太陽の光を浴びていても紫外線対策をしているか否かによっても違ってきます。
つまり、脱毛施術が可能かどうかは、どれくらい紫外線を浴びたかによって判断されるというわけです。
以下にその許容範囲を紹介するので、これから脱毛をしようと思っている人は参考にしてみてください。

まず、春や冬の2ヵ月以内に日焼けをしている場合です。
この場合には脱毛施術が受けられない可能性があるので、もう1ヵ月後に施術をするほうが好ましいでしょう。
次に、紫外線対策をせず2ヵ月以内に屋外によく出掛けていたという場合は、脱毛施術が受けられる可能背が高いです。
紫外線対策をせずに屋外にいても春や冬は紫外線量が少なめであることや長袖など厚めの服を着ていて直接肌に紫外線があたっていない点が理由です。
もちろん紫外線対策をしっかりしたうえで屋外に出ていたというのであれば、まず問題なく脱毛できるはずです。

では、夏や秋の場合はどうでしょうか。
この場合は春や冬より限定される期間が長くなります。
3ヶ月以内に日焼けをしていたなら、3ヶ月間の猶予が必要です。
さらそこから3カ月経っても肌に黒さが残っているなら脱毛はNGとなる可能性もあります。

紫外線対策をせずによく屋外に出掛けていた場合も、脱毛施術ができる可能性は非常に低いです。
夏や秋は紫外線量が非常に多いので、日焼けをしていなくても紫外線をたっぷりを浴びていることとなるからです。
紫外線対策は行ったうえでよく屋外に出掛けていた場合は、どれくらい直射日光を浴びていたかという点がポイントですが、しっかりと対策していたのであれば施術できる可能性は高いといえるでしょう。
徳島 安い 痩身エステ

■無料カウンセリングのススメ

以上が一応の目安ですが、北海道と沖縄とでは赤外線量は異なりますし、個人の肌質などにも影響されます。
したがって、まずは無料カウンセリングを受けたうえの結果で判断することをおすすめします。
毛穴 洗顔 ランキング