肌トラブルに悩んでいる女性も少なくないかと思いますが、一方きれいな肌をしている女性もいます。
ここでは、きれいな肌の定義を紹介しながら、それに伴う肌トラブルについて考えたいと思います。

ニキビのない肌

まず最初に、きれいな肌というと「ニキビがない」ことが挙げられるでしょう。
ニキビとは毛穴に溜まった皮脂にアクネ菌が繁殖してできたものです。
特に皮脂の分泌の多い思春期にできる人が多く、体質的な原因もあれば生活習慣の乱れや間違った肌ケアをしたことでニキビができたり治らないというケースも少なくありません。

PG2マリーンリッチなどもおすすめ。

シミのない肌

次に、シミのないのもきれいな肌といえます。
シミは太陽の紫外線を浴びて肌に色素沈着が起こるのが主な原因です。
年齢とともに現れやすいのですが、UVケアを怠ることでもシミができやすくなるので普段から注意が必要です。
シミの予防は簡単ではありませんが、美白ケアなどで目立たなくすることはできます。

毛穴の黒ずみがない肌

また、毛穴の黒ずみがないことも肌がきれいといえます。
タマゴ肌ともいわれる毛穴に汚れがなくキュッと引き締まった素肌は多くの女性の憧れですが、毛穴が黒ずんでいる人もたくさんいます。
この原因はメラニンの沈着で、洗顔だけできれいになるものではありません。
逆に洗顔をし過ぎると必要な皮脂まで落としてしまうこともあるのでNGです。
適度な回数の洗顔を行ない、洗顔後は保湿クリームなどを使ってしっかり保湿をするのが毛穴の黒ずみ対策です。

透明感があってもちもちな肌

透明感があり潤っていて、触れると弾力感があるといった肌もきれいな肌の条件といえるでしょう。
このような肌は血色がよくほんのりとピンク色といったイメージがあり、触るともちもち、すべすべで触り心地がいいのが特徴です。
乾燥した肌はカサカサして触り心地もよくありません。
体質的に乾燥肌という人も少なくないようですが、しっかり保湿を行なうことで透明感のあるもちもち素肌を作り出すことができます。
また年齢に伴うシミやシワなどに対してきちんとスキンケアや対策を行なうことで、きれいな肌をキープすることができるでしょう。

ブライトエイジもチェック!