いつまでもきれいでいたい女性にとって、美しさの基本である肌の手入れは重要なポイントです。
肌の手入れで最も有効なのは化粧品を使用すること、でもその使用方法や使うタイミングを間違うと効果がないどころか悪影響を与えることにもなりかねないので注意が必要です。

スキンケアの基本化粧品は3つ

スキンケアを行う化粧品といえば、化粧水や美容液、乳液が主なものとして挙げられます。
しかし、使っておけばとりあえずOKと考えている人も少なくないようです。
ここではこれら3つの化粧品の中から、正しい乳液の使い方について紹介しましょう。

[美容PR]ホワイピュアを飲んでみたら美白に近づけた

乳液の役目

まず、乳液の役目から考えましょう。
スキンケアの基本は洗顔というのは誰もがわかっていることですね。
洗顔のポイントはしっかり泡立てて毛穴の中まで泡うことが大切ですが、洗顔をするとその後肌が乾燥しがちです。
乾燥した肌に潤いを与えるために化粧水や美容液をつけるわけですが、ただつけたまま放っておくと残念ながらせっかく肌にしみこんだ潤い成分が時間とともに蒸発してしまします。

乳液は化粧水や美容液で肌に浸透した潤い成分をしっかり閉じ込めておく役割をはたしてくれるのです。
化粧水や美容液がしっかりと肌に浸透するまでには1~2時間掛かりますから、その後に乳液を使わなければ本来の効果を得ることはできない点を知っておきましょう。

乳液の選び方と塗り方

乳液にはこのような保湿成分のほかに美白成分を含むものもあります。
したがって、乳液を選ぶ際には自分の肌質を知っておかなければなりませんし使い方も工夫する必要があります。
たとえば、乾燥肌なら普通より多めに使用する、また乾燥肌だけれども部分的にテカリがある場合にはテカリ部分は少なめに、その他は多めにといったやり方です。
逆にオイリー肌の人はつけ過ぎるとニキビや吹き出物ができやすいので要注意です。

塗り方も大切です。
特にたるみが気になるという人は、あごから上のほうへとcoyori美容液 サンプルを優しくマッサージするように乳液を塗るといいでしょう。