胸が小さいと女じゃない?

私は今大学3年生でバストのサイズはAカップです。今まで自分の胸の小ささが気にはなっていましたが、そこまで深刻に考えていませんでした。今まで誰も私の胸について指摘をしたこともなかったし、みんなこんなものかな?と思ってバストアップや豊胸しようと考えたことはありませんでした。

私を変えたある事件

しかしあるとき同じサークル男子のグループが話しているのを偶然聞いてしまいかなりショックを受けました。豊胸しようと考えるまで自分のAカップの胸が気になり始めました。

私が胸を大きくしようと決意したわけ

男子の会話の内容はAカップの女は女じゃない、子供か同じ男同士としてみてしまう。もし彼女のバストが小さいなら絶対に豊胸かバストアップを薦めるというものでした。その会話をしていたグループの中に実はそのとき気なっていた男の子もいました。いつもは真面目で誠実な彼も他の男の子と同様に小さなバストの女の子には興味がないとしって本当に落ち込みました。しかしやはり男性なら小さなバストの女性よりは大きな女性にあこがれるのも理解できます。ですからこの事件がきっかけで私は本気でバストアップについて考えるようになりました。

テレビでバストアップ体操が紹介されていたので試してみた

偶然見つけたバストアップの体操

Aカップから絶対にバストアップしたい!そう決意したそんなときに偶然テレビでバストアップの体操が紹介されていました。まさにわたしにとってグッドタイミングで急いで録画をしたのを覚えています。

おっぱいが硬く冷たくなる?

内容はおっぱいは主に乳腺とリンパ腺、脂肪からできていて、手足など動かせる部分と違って自発的に動くということがないので循環が悪くなってしまいがちなんだそうです。このままの状態で放っておくとおっぱいが硬く冷たくなっていくそうです。ですから適度な体操とマッサージのおっぱいの循環をよくして運動不足を解消することが、Aカップからのバストアップの第1歩とのことでした。

胸が冷たく硬くなると垂れる!

テレビで専門家の先生が言われていたのが、胸が硬くなるとどんなに小さなバストでも垂れてしまうそうです。Aカップで小さい上に垂れてしまうなんて絶対にいやだと思いました!
またバストが垂れるとなんと顔の肉まで垂れてしまうそうです。なぜなら身体の皮は一枚の皮膚でつながっています。ですからバストのお手入れを怠ると身体全身に影響が出てくるのです。

ふわふわおっぱいになりたいのなら

バストを揺らすという方法がテレビで紹介されていました。なぜバストを揺らすとAカップから脱出できるとかというと、バスト揺らすことによって血液とリンパの循環がよくなります。その結果ホルモンバランスが改善され卵巣が正確に機能するのだそうです。ふわふわのバストには身体全体の循環を浴してホルモンバランスを整える必要があるのですね!

おっぱい体操のやり方とは

まずはワキの下の胸を寄せてあげるように持ち上げ10秒間斜め上に揺らします。もちろん左右どちらも同じ要領でします。
次に両手で下から上に持ち上げて10秒間上の方向に揺らします。このとき注意したいのが1秒間にだいたい3回くらいのリズムで揺らすとバストアップできます。逆に1秒間に5回という高速で揺らすと胸が小さくなってしまうので気をつけたほうがいいみたいです。

この体操でわきの下にはりついたバストが取れて形がよくなって大きくなるみたいです。他にも肩こりや偏頭痛にも効果があるそうなので肩こり持ちの私は続けてみようと思いました。

はたしてバストアップしたのか

毎日バストアップ体操を続けてみた結果

Aカップからせめて1カップだけでも上げたいと思って、私はテレビのバストアップ特集を見てから毎日バストアップ体操に励みました。また他にもネットで調べたマッサージ方法を試したり今まで自分のおっぱいを触ったことはあまりなかったけれど、毎日触れるように心がけました。

楽しみな結果は?

結果は毎日がんばって自分なりに胸のケアをしたつもりでしたが、残念ながら1カップも大きくなっていませんでした。本当にかなり悲しかったです。テレビやネットでは成功者の声がたくさんにあって私も絶対に成功すると信じていたのでなおさらショックが大きかったです。やはりAカップから胸を大きくするのは無理なのでしょうか。

すぐにはあきらめきれない

しかしやはりAカップの胸が全然バストアップしていないことはかなり残念でしたが、肩こりやは解消したしこころなしか身体の循環がよくなった気はします。今まで自分の身体をマッサージすることもなかったのでリンパの流れが滞っていたのかもしれません。
昔から小さいおっぱいがコンプレックスだったけどこれまでは見てみぬふりをしていました。自分から向き合おうとはせずなんとなく避けていました。しかしこの1ヶ月真剣に自分のおっぱいに向き合ったのは大きな進歩だと思います。
それにやはり憧れの彼の胸の小さい女は女じゃないという言葉が頭から離れなかったのでもう1ヶ月は続けてみようと思いました。

諦めずバストアップ術を続けてみた結果

胸の張りを始めて感じた瞬間

美 girlsを見て綺麗になりたいと諦めきれずにひとり黙々とバストアップの体操を続けていました。そんな時お正月休みのときに実家に帰省をしました。久しぶりに実家に帰省したので母がたくさんの手料理を作ってくれて本当に嬉しかったです。そして遠慮なくバクバク食べていたら正月中になんと3キロ太ってしまいました。今まで私は痩せ体質で食べても食べても太らない体質でした。体つきも子供のようで胸もAカップか大きくなることがありませんでした。それが1週間ほどの正月休みで3キロも太ったのだから私も家族もかなり驚いていました。

そのとき!始めAカップのブラジャーがきつく感じました。もしかしたらこれまでは身体の循環が悪くて栄養が身体の中をめぐっていなかったのかもしれません。しかし最近はバストアップの体操を毎日しているので栄養がしっかり身体をめぐり始めたのだと思います。

栄養が実はバストアップには必要?

この出来事が私の胸に対する考え方を大きく変えました。確かにいくらマッサージしても胸の元になる栄養がなければ大きくなるわけがないと納得したのです。今まで私は大学の近くで一人暮らしをしていたのでどうしても食事内容が悪く、いつも適当にコンビニなどで済ませていました。しかしこの正月の帰省以来なるべく栄養価の高い食事を自分で作るようにして、足りない分はサプリメントを使うようにしています。生活を改善してから2ヶ月後ようやくAカップからBカップになることができました。目標のCカップまではもう少し!サプリメントとマッサージを続けたいです。